出産レポート⑤ 母子同室スタート~退院

出産レポート④(→コチラ)の続きになります。

昼夜逆転の母子同室生活


出産翌日の午後から母子同室がスタート。1人目はNICUに入ってたので人生初の母子同室でした。日中は結構静かだな~なんて思っていたのですが、夜から覚醒モードに突入💥
2時間おきの授乳をしてちょっとウトウトするもののベッドに入ると泣き、1時間おきにうんちをするのでまた泣くという繰り返しでやっと寝たのが朝の7時…。初日からなかなかのハードモードでありました。

初日は新生児室も人が多くてなかなかミルクの作り方を聞けなかったのですが、翌日は頑張って聞こう!と決めて翌日夜はミルクを足し、3時間後に授乳。その後朝まで4時間くらい寝たので、あれ寝たなぁと思っていたのですが、助産師さんが部屋に来て「この感じだと授乳量が足りてないのでミルク足しましょう!」と言われてしまいました。調べてみると授乳量が足りない時もエネルギーを保存する為に長く寝てしまうみたいです⤵

午後からは定期的にミルクを足しながら授乳したものの夜はやっぱりあまり寝ずに寝不足のまま退院、という感じでした。

しかし母子同室って赤ちゃんとの距離は縮まるかもしれないけど、本当に心に余裕がなくなるなぁという印象。ご飯もゆっくり食べられないし、トイレとか洗面も部屋に赤ちゃんを待たせて行くので、いつも急いでいる感じでした。私は個室だったけど、大部屋で母子同室生活をしている人はもっと気をつかって大変だったのでは…と思いました。

退院日の午前中に沐浴指導。2人目だったせいか、助産師さんも「じゃあやってみてくださーい!」という感じだったんですが、全く覚えてないのであわあわしてしまいまいした💦
これ家に帰って旦那にレクチャーできるかな~と思いながら沐浴後最後の授乳。精算して退院の流れでした。

予想外に早い胸の張り


1人目の頃は授乳量が増えるまで時間がかかったので、今回もまだまだだろうなぁと思ったのですが、退院して家に帰ってから早速胸が張ってきてしまい、脱肛の痛みとまだ慣れていない授乳のせいで乳首痛があり、胸の張りも痛くなってきて、体中ジンジン痛いという状態。旦那にすごく同情されました💧
母乳が詰まるのはイヤーーーと思い、退院日の夜は頻回授乳。旦那も久しぶりのオムツだったので、オムツがゆるく外れてしまい布団に結構なダメージを追ったりとか、ばったばたの自宅生活1日目となりました。笑

でもしばらく旦那が休みをとって居てくれたせいか、本当に少しずつですが生活が落ち着いてきた気がします。2人目だけど母も子も一緒に成長。これから頑張ろう!
DSC_3352.jpg


次回海浜病院での入院生活で思ったことなど書きたいと思います。


この記事へのコメント